Top >  定期は金利を重視

定期は金利を重視

定期預金が資産運用だという話をすると、
「定期はあくまで預けているだけで金利が多少マシ」
そういった感覚の方も多いと思います。

あくまで「貯金」というイメージが強いですからね。

しかし、冷静に考えてみると、ちゃんと金利はつくわけです。
立派な資産運用のひとつなわけですよ。

ただ・・・他のモノと比べて圧倒的に金利が低いと
いう面が気になるだけですね。

しかし、ここ最近はネット銀行というシステムなども
出てきたことから、銀行によっても金利の差が
かなり出てきています。

数年前まで大手銀行の定期預金金利はかなり低く、
5年間預けたとしても、僅かな利息しか受取れませんでした。

ここ数年で金利も上昇し、数年前の定期預金の金利を
普通預金の金利が上回る様になり、銀行間の金利にも
差が出ているのが現状です。

資産運用というとアクティブ運用を思い浮かべますが、
定期預金だけでなく、普通預金だって立派な資産運用です。
(アクティブ運用とは株や投資信託などリスク商品の事)

資産運用の第一歩は有利な投資先(預け先)を探す事から
始まる物なので、定期預金も他の資産運用と同様に有利な
条件なのかどうかを検証する必要が出てきます。

「定期預金の金利なんて知れているから、別にどこでも・・・・」
では資産運用にはもちろんなりませんし、何よりもったいない。

同じリスクであるなら、より良い条件を探しましょう。

定期預金について

関連エントリー

・立派な資産運用として
・定期は金利を重視
・国内定期と国債