Top >  国内定期と国債

国内定期と国債

国債と定期預金はどちらが得なんでしょうか?

国債の場合は短期で金利が固定されている場合は金利上昇の
局面では解約ペナルティを考えると柔軟な対応が取りにくく、
銀行定期も短期でならば、金利に対応は可能ですが
その分金利が抑えられてしまいます。

簡単にまとめると・・・・

■今後金利が変わらない、もしくは下がる
       ↓
長期の定期預金、固定金利の5年もの国債など

■今後金利が上昇する
       ↓
短期の定期預金、変動金利の10年もの国債など

金利の上昇幅にもよるとは思いますが、金利動向でも
大きく条件が変わってくるので、柔軟に対応する為に
ニュートラルな資金を持ちたいのであれば短期の定期預金が
お勧めになってきます。

分散投資が可能ならば、金利変動タイプの国債と短期の定期預金を
合わせて持つ事が個人的にはお勧めです。

定期預金について

関連エントリー

・立派な資産運用として
・定期は金利を重視
・国内定期と国債