Top >  投資のREITって何?

投資のREITって何?

REITは投資家の資金を集めて不動産に投資し、その賃料を
投資家に分配するシステムの事です。

体系的に投資信託の一種ですが、株取引同様に取引が出来る
のも大きな特徴です。

取引場所が証券会社ということもあり、株やFXと
一緒のようなリスクを持っていたりしますが、
収益を産んでいる源となる部分が賃料であるために、
すごく安定しているんですよね。

そういった面では株や外国為替証拠金取引(FX)よりも
リスクが低いときもあります。

実際の不動産投資よりも低額で不動産市場への投資が可能な
だけでなく、流動性の面からも実際の不動産を持つよりも
資金のシフトが用意なので、分散投資の一つとして有効な
投資先の一つと言えると思います。

また、実際の不動産投資と違う面は資金や流動性と共に
管理責任が無い事もメリットです。

不動産を自分が持つことになって、絶対に必要となる
マンションやアパートの管理ですが、
空室や滞納リスクと共に修繕・管理する必要がある為に
様々な面で手間と時間を割かれますし、それが普通です。

REITの場合はそういった事も含めてプロがしっかりと
管理してくれますから、投資家は不動産の動向を
見極めるだけで良いというのが優れている理由の
ひとつですからね。

不動産投資

関連エントリー

・不動産投資は儲かる?
・投資のREITって何?