総量規制対象のキャッシングとは

キャッシングと言う借入商品は、銀行や消費者金融などたくさんの金融機関で取り扱っている商品です。住宅ローンや医療ローンのように、使用目的がはっきりしている借り入れとは異なり、キャッシングの場合には、お金が必要な時にサッと借りられるだけでなく、使用目的が制限されていないという特徴があります。そのため、どの金融機関から借りる場合でも、適用金利は一般的なローン商品よりも少し高めになってしまうことが多いようです。

キャッシングを利用する場合には、総量規制の対象になるかどうかをチェックしなければいけません。総量規制と言うのは貸金業に適用されるルールで、消費者金融やクレジットカード会社、そして信販会社などが対象となります。このルールでは、収入の3分の1を超える借り入れをしてはいけないと決められているので、金融会社でキャッシングの申し込みをするとまず最初に、この総量規制に引っ掛かっていないかどうかがチェックされることになります。ちなみに、消費者金融では担保を入れない現金の借り入れが対象となりますが、クレジットカード会社や信販会社の場合には、クレジットカードに付帯するキャッシング枠が総量規制の対象となります。

総量規制は、収入の3分の1と言うラインよりも多く借りてはいけないというルールですが、その線引きをするためには収入を証明する必要があります。消費者金融などから借りる場合には、借入額によって収入証明の提出が必要になることもあれば不要になることもアリ、場合によっては総量規制対象の金融機関から借りる場合でも、収入に関係なく借りられる場合もあるので知っておきましょう。

収入証明が必要ない場合は、借入の金額が50万円よりも少ない場合、そして他社からの借り入れも含めた総額が100万円を超えていない場合です。この場合には、収入がいくらでも少額なら借りることができますから、学生のアルバイトやパートなどでも、比較的審査に通りやすいキャッシング商品がラインナップされているようです。

即日キャッシングを利用する場合でも、総量規制の対象にならない場合もあります。それは、銀行や信用金庫、労働金庫、農協などの金融機関から借り入れる場合や、担保を入れて借りる場合、また法人として借りる場合などが該当します。担保を入れたり法人として借りる場合には、消費者金融から借りる場合でも総量規制の対象外になりますから、収入に関係なく必要な額を借り入れることが可能です。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008